Inner8®︎
Emotional Intelligence (EQ)
Training Programs

Knowing yourself is the key to success.  

Learn more about your strength and Empower yourself to make the Change…

Emotional Intelligence (EQ) があなたとあなたの企業の可能性を変えます。

IQ vs EQ

IQ plus EQ equal success.jpg

知能指数 vs 感情的指数

今までの優秀なリーダー達には知識とその応用力などのIQが求められていましたが、近年グローバルリーダーには世界的に IQ だけでなくEmotional Intelligence、いわゆるEQ が求められています。

 

IQで生み出すどんな優れたメソッドやプロジェクトも、人が動かなければ実現しません。人の心や感情を認識し、理解し、多様な相手と上手に付き合い、良い形で影響し合うことのできる知性、すなわちEQを持つことが重要となりIQとEQを育てることが近年の成功者と言われています。

Emotional Intelligence (EQ)

(EQ:心の知能指数)を育てる

Emotional Intelligenceとは、感情的知性、心の知能指数、人間関係をうまく維持する能力、相手の感情を理解する能力をいいます。2018年、世界的ベストセラーとなった『EQ こころの知能指数』の著者であり、心理学者のダニエル・ゴールマン氏は、Emotional Intelligenceについて「自己認識」「自己コントロール力」「共感性」「社交性」「モチベーション」を持つことだと説明しています。このEmotional Intelligenceを育てるには客観的に物事を見る力を身につけ、自分の強みや弱み、相手を理解する力、そして、感情やモチベーションをコントロールするスキルを学ぶ必要があります。Inner8®︎はこのEmotional Intelligenceを育てるために作られたプログラムです。

Authenticity

自己理解:「自分らしさ」と強みを知る

Authenticityとは「ありのまま」であること。人は無意識に持つそれぞれの資質と、様々な経験、文化や習慣、知識、経験に影響され、自己作り上げています。「ありのままで」であることは、わがままに生きることではなく、周りに流されず、自分の強みや弱みと向き合い、自己を認めることです。それは決して簡単なことではありません。自己を知り、誇りをもって行動することはこれからの社会に生きるために最も重要なスキルです。

Self Esteem & Self Efficacy

自己肯定感と自己効力感:一つ上の自分を見つけること

これからのグローバル社会を生きるために、感情的知性(Emotional Inntelligence)を向上させるための、自己認識力(Self Awareness)、自己肯定力(Self Esteem)、自己効力(Self Efficacy)は欠かすことのできないスキルといえます。

 

人は具体的に自分のどんな行動が人のためになったのか、どんな言葉が人を動かしたのを認識することで、自己肯定力を向上させます。さらに、自らがもつ強みに自信を持ち、行動を起こすことで自己効力感をアップさせます。その行動をまた肯定できるようになり、成功体験を積み上げ、自信を身につけていきます。何かを変えたい、ポジティブに生きたい、余裕のある人間になりたい・丁寧に生きたい・自分を好きになりたい...。全ては物事をどう捉えるか、どう考え、感じていくかに影響されていきます。客観的に考え、「自分らしさ」を好きになれた時、自己肯定感は上がります。

Diversity

多様性:主観フィルターを外し、他者を理解する

私たちはそれぞれ「主観フィルター」という自分の価値観を投影したフィルターを通して相手を理解しています。客観性を知ることで、主観で物事を判断することもへり、相手と信頼感と安心感を築くことができます。論理的であること、それはつまり客観的に相手を理解しようとすることであり、相手に関心を持つこと、すなわち「大きな愛情」であるといえるでしょう。

また、論理的な思考をもって考えることで、客観的でブレのない指標が生まれ、迷いがあっても必ず戻ることのできる場所を見つけることができます。これによって問題意識や解決能力も高まり、正確な判断、感情に流されない見方ができるようになるわけです。今までぼんやりと概念的だったことが、具体的な言葉で表現できるようになり、周りへの意識、声がけにも変化が生まれます。

 

自分をロジカルに(論理的に)客観的に理解する=自分を愛することでもあるのです。

Motivation & Feedback

モチベーション:互いのやる気をを引き出し、人を育成する

成功は80%以上モチベーションで決まります。つまり、どんなに知識、経験、技術が豊富でも成功できるとは限らないということです。むしろ、モチベーションさえあれば知識も経験も技術も後からついてくるものなのです。人の動機付けは内的、外的とあります。内的動機付けで大事なのは、自分自身にいかに効果的な声がけができるかということ。それには自分自身をしっかり理解する必要があります外的動機付けで重要なことは、相手にとって一番効果的で適切な声がけをすることですが、自分にとって効果的な声がけが相手とっても有効であるとは限りません。モチベーションを相互で与え合う関係を作るには、自分の持つフィルターを通して見るのではなく、相手を客観的に知ることが重要となるのです。成功も生産性も夢の達成も人のモチベーションが鍵となるのです。

desk globe on table_edited.png

グローバル社会を生きる上で一番大切なことは「世界」を知ることではなく、「自分」を知ること。他者(多様性)を理解し信頼関係を築くためにも、強みや身につけたスキルを活かすためにも、まずは自己理解をすること、客観的に自分を見ることが大切です。どんな世界で生きるにも、一番付き合いが長いのは自分。まずは「自分」と向き合い、Emotional Intelligenceを育てていきましょう。必ず新しいステージが見えてきます。

宣材写真.jpg
To Be Global
世界で生きるということは自分自身を知るということ