海外や企業で求められているスキル​を学生のうちから!

グローバル社会を生き抜くには英語だけでは勝負できません。

一人一人の強みにあった方法で、これから求められる思考力、判断力、実行力など、

グローバルスタンダードに必要なスキルを身につけましょう。

LOGO SLA.png

Student  Leadership Academy

​(9月開講予定・定員あり・先着順)

*詳細は後日発表いたします。

 
IMG_1674_edited.jpg

自己紹介

(自己認識:強みと弱み)
グローバル社会では自分の強みをしっかりと知り、使い、伝えることが大切です。自己分析をし、自分の強みを見出し、英語でどのように自分を表現していくかを学びます。
これはすべての基本となり、全プログラムを通じて自分の強みを強化していくこと、弱みを強みに変えていく方法を学んでいきます。

Inner 8 Logo with icons.png

全ては自己認識から始まります。

Self Awareness 

Inner 8、8つの資質を使いながら、まずは、全てはまず自己を知り他を知ることから始まります。強みと弱みを知り、自信をつけていくことが大切です。自己認識力を高めることで、しっかりとした意見を自分らしく、堂々と、相手にわかりやすく伝えることのできる、影響力のある人間に育てることができるのです。​これからの課題であるコミュニケーション、プレゼンテーションなどのスキルを向上させるだけでなく、思考力、判断力、実行力を身につけていきましょう。

マインドマッピング
マインドマッピングの有効的な使い方を学び、自分を中心に考えて自分の身の回りのことをしっかり英語で伝えられる準備をします。どんなことが話せるか、相手に対してもどのような質問ができるのかをマインドマッピングし、英語で説明する力をつけていきます。ファイナルプレゼンテーションでの発想力に役立たせます

Empowerment process mind map, business c

プレゼンテーションスキル
自分らしいプレゼンテーションとは何かを知り、それを最大限に表現していきます。また、コアメッセージを、体系的にしっかり伝えるためのロジカルシンキングと表現するために必要な英語力を身につけます。またより自信に満ちたプレゼンテーションをするためのテクニックを学びんでいきます。

ディベート・ディスカッション
テーマを決めて課題に対しての情報収集をし、ディベートやディスカッションを英語で行います。しっかりとした準備と相手を認めながら自分の意見をしっかり英語で伝えるため力をつけていきます。

Giving a Speech

エッセイライティング
課題に対して自分の意見をレポートにまとめていきます。これに必要なライティングスキルを身につけ、英語での文章力の向上はもちろん、AO入試の論文や面接に必要な思考力を鍛えます。

Laptop Writing
KEN SATO.png

プログラム監修
佐藤 健
東京大学経済学部卒
ハーバード大学経営大学院 (MBA)卒
株式会社プログレッサス代表取締役


幼少期をアメリカで過ごす。高校1年時に英検1級合格、そのあとTOEIC 990点(満点)を獲得。
大学卒業後は大手自動車メーカーで事業企画や商品企画を担当し、9年に渡る海外駐在を経験。その後米国通信系ベンチャーを経て、経営企画担当役員として投資ファンド参加の中堅日本企業の再生に参画、その後外資系企業の日本代表を務める。

2013年からは米系コンサル会社Kepner Tregoe者の日本代表に就任、事業会社での経験を活かして人材育成の道へと転じる。

2016年には株式会社プログレッサスを設立、企業の経営層や幹部候補者むけに研修やビジネスコーチングを提供。国際コーチ連盟認定コーチ。
 

Coaching for Moms & Dads

家族の時間

保護者の方のためのコーチング
ご両親・先生・お子様の将来のビジョンを明確にし、目標に向かってゴールセッティングをしていき、それにあった方向性を見出すためのコーチングです。教育などのご相談、お悩みを解決いたします。